Gears-日本刀の種類と部位-

室町時代の日本刀と本阿弥家

室町幕府は、褒賞として与えるために、日本刀の価値を高める必要がありました。その一環として、幕府は本阿弥家に日本刀の研磨(とぎ)、浄拭(ぬぐい)、鑑定(めきき)などを任せるようになったそうです。本阿弥家は、初代の本阿弥家妙本が足利尊氏(室町幕府の初代将軍)に仕えて刀剣を扱った歴史があります。そこから代々、研磨や浄拭などを行い、現代の刀剣学の基礎となったそうです。本阿弥家の七代目当主の娘婿となった本阿弥家光悦は、日本史に残るレベルの文化人だったそうです。さらに書家でもあり、千利休に高く評価された楽焼茶碗を制作した陶芸家でもありました。それから嫡の本阿弥家は、第九代当主の時代、刀剣極め所に任命されました。これは豊臣秀吉からの任命で、刀剣を鑑定して鑑定書を発行することも許可されたそうです。

脇差とは

日本の歴史の中、それも戦いの中において、長らく使われてきた日本刀ですが、それにはいろいろな種類があります。その中でも、脇差は、江戸時代においてよく使われてきました。では、それはどのようなものなのでしょうか。
脇差は、江戸時代において、武士が長い打刀と一緒に持ち歩いていた比較的短い刀です。もしも打刀が使えなくなったときでも、簡単に殺されないように、補助として使っていたのです。また、脇差は刀を補助する道具であり、当時は刀とみなされていなかったため、武士だけでなく庶民にも、所持が認められていました。ですから、実は非常に人気のある刀だったのです。
脇差は、大中小のサイズがあり、大は非常に大きく、打刀と同じくらいの、60cmほどあります。中は40cmから50cmほど、小は40cm未満です。
名刀と呼ばれるものも作られており、水心子正次や、大和守安定などがあります。
博物館に展示されていたら、ぜひ見に行きましょう。

相州伝とは

古今東西の芸術作品に登場し、人気を獲得してきた、日本の文化である日本刀ですが、その作り方は一つではなく、様々なものがあります。歴史の中で、時代や人によって異なる作り方や技術が生まれ、伝えられたからです。その中でも、五箇伝は代表的な五つの流派であり、その中には相州伝もあります。では、どのような流派なのでしょうか。
相州伝は、相模国で発展した流派ですが、実はそれまでは、相模国では有名な刀工はおらず、そのため流派もまったくない、というような状況でした。しかし、鎌倉幕府が発足されたことによって、状況は一変しました。相模国に有名な刀工が招聘されることになり、そこから、有名な刀工によって、刀鍛冶の基礎が作られていきました。
そこからしばらくして、刀鍛冶として有名な国綱の子供とされている新藤五国光が現れ、優れた刀工技術によって、一気に相州伝を完成させていきました。そこから、正宗という高名な刀工が、その完成度を高めた、と言われています。

古刀とは

日本刀には古刀という分類があり、これは901年から1596年に作られた、反りがある刀のことをいいます。それまでは反りのない直刀が主流であったため、時代によってこのような分類がされるようになりました。なぜ反りのあるものが主流になったかというと、主流になっていった騎馬戦においては、反りのある刀のほうが素早く攻撃できるためです。

古刀がよく作られた地域が存在しており、それらの流派を総じて五箇伝と呼びます。大和伝、山城伝、備前伝、相州伝、美濃伝の5つです。これらはそれぞれに特徴があります。

歴史の中では名刀と呼ばれる刀も作られており、大原安綱は天下五剣の一つである童子切安綱を作り上げました。洗練された輝きがあり、人の目を引き付ける魅力のある刀です。

ほかにも、無銘粟田口、備州長船住景光などの名刀が作られ、今もなお大切に保存されています。

刀とは

刀という言葉を知っている方はたくさんいますが、具体的に刀とは何か知っている方は少ないです。この文章では、刀について解説していきます。
刀は、実は日本刀とは違います。日本刀は刀の一種です。では、日本刀とは何なのか。
日本刀は、平安時代以降に作られた、外国の製法ではなく、日本独自の製法で作られた刀を言います。太刀や脇差し、また、広義で言うならば、槍も日本刀です。
そう考えると、すべて日本刀と言えるのではないかと考えられますが、区別がちゃんとあります。文化庁によると、刃が良質な玉鋼で造られていること、鍛錬が繰り返しなされていて、衝撃に強い、などが条件として挙げられます。ですから、玉鋼で作られた頑丈な槍も、日本刀の一種なのです。
日本刀は、刃や鍔、柄や鞘などで構成されています。特に重要なのはもちろん刃です。
刀は武器としてだけでなく、美術品、骨董品としての価値があります。ぜひ興味を持ちましょう。

当館にとって大切な部分である目釘穴・目釘孔とは

刀剣は刀身の中でも柄に収まる部分を茎と呼び、この茎には小さな穴があります。ここで刀身と柄を固定していて、目釘穴・目釘孔とは、柄から刀身が外れないようにしている部分です。何かを斬る時に刀を振り回したり敵を斬った時に柄から外れると刀は壊れてしまいます。また逆に柄から刀身を外す時にはこの穴を触れば簡単に取り外しが可能です。この穴には固定具である目釘と呼ばれるものが差し込まれていて、素材は竹でできています。刀を携帯している武士などは常にこの目釘を数本持っていて、もしも壊れた時にはすぐに取り替えるようにしていました。穴の形も普通の丸い穴だけでなく、うりや茄子、ひょうたんなどの形のものもあり、武器というよりも芸術作品としても価値のあるものです。

日本刀の刀身樋(ひ)のデメリット

樋(ひ)とは日本刀の刀身に彫られている細長い溝のことです。別名は「血流し}で、切った相手の血が樋の中を通ることで、呼ばれています。使われた刀身は、すぐ手入れをしなければ錆びてしまいます。表面に付いただけなら布で拭いただけで簡単に取れますが、樋の中まで入ってしまうと、それを掻き出すのはとても手がかかるというデメリットがあります。

その解決策としてその部分を朱塗りにするという方法があります。刀身が曲がったというようなとき、樋がなければプロに頼めば修復してもらうことは可能です。これがあることで捩じれ易くなってしまい、元の状態に戻すことが困難になります。居合術なのでは、樋がないものを使うことが進められています。

長い刀ような薙刀とは

薙刀とは相手を薙ぎ斬ることを目的としています。大変柄の部分が長く、120cmほどあるため長い刀と書くこともあります。
特に長かったのは南北朝時代であり、柄の長さは150cm、刀の部分だけでも190cmほどありました。歩兵の武器として使用されていましたが、室町時代には柄の長さが長くなったものの刀部分は60cmほどとなり、刀そのものは短くなっています。これは槍が主要武器になったことが影響しており、より使いやすくなりました。
薙刀とは相手を斬ることを目的としていますが、比較的使いやすいことから女性が使用する武器としても知られています。現代では競技にもなっており、試合と演技の2つで構成されており、大変見応えがあります。

日本刀を錆びから守るための必ず行うことと使う専用道具

美術品とした今では根強い人気を誇っている日本刀ですが、本来は武器で用いられていたものです。鋼鉄製で作られているのが特徴で、そのまま長期間保管をしていると自然と錆びが刀身に付着をします。錆びは酸化によって生まれるため、放置をしていると刀身の刃こぼれの原因にもなります。日本刀を錆びから守るためには、定期的に「打ち粉」をして乾燥状態にしないといけません。「打ち粉」というのは石灰の粉を刀身にまぶすことを指しており、江戸時代から武士は必ずおこなっていた行動です。この専用道具は古美術を扱っている店で販売をされており、現在ではネット通販でも購入することができます。美術品で日本刀を所持されている方も定期的におこないましょう。

天下五剣や国宝を作刀した三条宗近

現在の京都府南部である山城国で生産された刀は「京物」と呼ばれますが、京物を作った最古の刀鍛冶が平安時代中期に同国・三条を拠点で作刀を行った「三条小鍛冶宗近」です。三条宗近は太刀・短刀が現在もわずかに現存しており、そのうち特に有名なのが天下五剣の一振であり国宝に指定される「三日月宗近」や「海老名小鍛冶」、「鷹の巣宗近」といった作例が挙げられます。

三条宗近の作風はどれも非常に優美であることが特徴で、刃の反りの深さや雅趣が顕著な地金と刃は、洗練された京物の代表格です。数々の名物が作られた時期が平安時代の女流文学隆盛期と重なると指摘する研究者も多く、現存する作例からは全体的に温和な時代と評価される平安時代における空気が反映されています。