Gears-日本刀の種類と部位-

日本刀を錆びから守るための必ず行うことと使う専用道具

美術品とした今では根強い人気を誇っている日本刀ですが、本来は武器で用いられていたものです。鋼鉄製で作られているのが特徴で、そのまま長期間保管をしていると自然と錆びが刀身に付着をします。錆びは酸化によって生まれるため、放置をしていると刀身の刃こぼれの原因にもなります。日本刀を錆びから守るためには、定期的に「打ち粉」をして乾燥状態にしないといけません。「打ち粉」というのは石灰の粉を刀身にまぶすことを指しており、江戸時代から武士は必ずおこなっていた行動です。この専用道具は古美術を扱っている店で販売をされており、現在ではネット通販でも購入することができます。美術品で日本刀を所持されている方も定期的におこないましょう。

天下五剣や国宝を作刀した三条宗近

現在の京都府南部である山城国で生産された刀は「京物」と呼ばれますが、京物を作った最古の刀鍛冶が平安時代中期に同国・三条を拠点で作刀を行った「三条小鍛冶宗近」です。三条宗近は太刀・短刀が現在もわずかに現存しており、そのうち特に有名なのが天下五剣の一振であり国宝に指定される「三日月宗近」や「海老名小鍛冶」、「鷹の巣宗近」といった作例が挙げられます。

三条宗近の作風はどれも非常に優美であることが特徴で、刃の反りの深さや雅趣が顕著な地金と刃は、洗練された京物の代表格です。数々の名物が作られた時期が平安時代の女流文学隆盛期と重なると指摘する研究者も多く、現存する作例からは全体的に温和な時代と評価される平安時代における空気が反映されています。

日本刀の美を語る

日本刀の「美」を語るなかで、そのフォルムを言葉にして語ることはなかなかムズカシイものでもあります。たとえば地鉄、刀文の美しさを述べられても現代を生きる多くの人びとは、なかなかそれらの美を理解することが困難であろうと思われます。しかし博物館や美術展などで日本刀の実物を目の前にしますと、その美しさや貴重さは、現代人であっても多くの人びとが感ずるところがあるのではないでしょうか。気の遠くなるような前の時代に武士たちが戦国の世を納めるために使用していた武器に、美しさを覚える日本人たちの美意識は、世界各国で生産されてきた多様な武器と比べてもその特異性は明らかでもあります。その美しさを語るには容易ではないけれど、その姿を一目みた人びとには通ずるものがあるというのはいかなるものなのでしょうか。

正宗の正体とは

「正宗」と聞きますと、なんとなくでも日本刀をイメージされる方も少なくないのではないでしょうか。筆者の友人に同様の質問をしたところ、日本酒であるといった回答が得られたことから、日本酒をイメージされる方もおそらくは多数いらっしゃるのではなかろうか。ここで述べさせていただく「正宗」とは、室町時代後期から、江戸時代にかけて活躍したとされる刀鍛冶として知られております。現在、国宝として貯蔵されている刀剣のなかにも「正宗」の名をみつけることはむずかしくはないことでしょう。ここまでの見解は、「正宗」と呼ばれた名工が実在したことがベースとしてお話しておりますが、一部の専門家たちの見解のなかでは、正宗などと呼ばれる名工は存在しなかったというのです。

皆さんにとっての「剣豪」とは

「剣豪」と聞いてまず真っ先に思い浮かぶ歴史上の人物は誰でしょうか。皆さんにとっての「剣豪」は、それぞれであると思われますが、今回こちらで述べさせていただくのは、宮本武蔵であります。彼が著したとされる「五輪書(ごりんのしょ)」は、現代を生きる人びとにも愛読されるほどの書でもあります。彼ほどの剣豪が使用したとされる刀の情報は、歴史的文献に残されていても良いのではないかと多くの人びとが考えているようですが、実際のところ、宮本武蔵の所持した刀剣についての記録はみつかっていないようです。最後の立ち合いなどとされた、佐々木小次郎との巌流島における勝負では、途中の舟の上で木刀を作り上げたなどという逸話が残されておりますが、すべては謎のベールに包まれております。

数珠丸恒次

数珠丸恒次は、備わった気品で見る人を感動させる逸品といえるかもしれない。刀工青江恒次は、後鳥羽上皇のお抱え鍛冶であった御番鍛冶の一人だった。文永11年、甲斐身延山を法華宗の本山と決めた日蓮は、開山のため分け入ろうとした。

麓に住む長老より危難除けのためと一振の刀の寄進を受けた。久遠寺を開山したのち、寺に刀は不相応とし返却しようとしたが、長老は受け取らなかった。しかたなく、日蓮は刀を久遠寺の寺宝として安置した。

日蓮が束に数珠を巻き付けたこの刀は、数珠丸との銘がつけられた。数珠丸が天下五剣の一振に選出されたのには、本阿弥家の力によるところが大きいと想像できる。本阿弥家の家業は足利将軍家や諸国の大名たちからの依頼で刀剣の鑑定、補修、維持管理であった。

加えて、本阿弥家が法華宗の熱烈な信者であったのは無関係でないだろう。天正10年の織田信長の甲州征伐では、甲州領の社寺の多くが灰燼に帰した。だが、身延山周辺は、領主であった穴山梅雪が織田方に寝返ったため、久遠寺は戦火免れ、数珠丸も後世に伝承された。

徳川8代将軍徳川吉宗の頃は久遠寺の寺宝として所蔵されていたことが「享保名物帳」なる文献に記載されていた。

それ最後に行方不明となってしまっていた。ところが、大正9年頃、刀剣鑑定家の杉原祥造が発見した。彼の所在地が兵庫県尼崎市だった関係で日蓮宗本門寺派大本山 本興寺に安置され寺宝として現代に伝わっている。

妖刀鬼丸国綱の名の高まり

元弘3年、新田義貞の鎌倉侵攻が成就すると東勝寺に追い詰められた北条高時は鬼丸国綱で自害して果てた。国綱の後鳥羽上皇を尊崇してやまない思いが妖刀に乗り移り、北条氏を滅亡させたのかもしれない。

鬼丸国綱の新たな主人となった新田義貞も足利幕府との藤島合戦において討ち死した。鬼丸国綱は勝者となった足利将軍家の宝刀として所有された。足利義昭から鬼丸国綱を譲渡された豊臣秀吉だったが、手元には置かず、本阿弥光徳に預けた。

大坂夏の陣での豊臣家滅亡をうけ、光徳は徳川家康に献上を申し入れたが拒絶された。その理由を推測してみると、鬼丸国綱の所有者であった北条、新田、足利、豊臣のいずれも滅亡してしまった。

所有者を滅亡へと追いやる天下の妖刀と恐れたのだろう。明治維新後、本阿弥家から皇室へ献上され「天皇家御物」となり今日に至っている。

天下5剣の一振り「童子切安綱」

天下5剣の一振りともされる「童子切安綱(どうじきりやすつな)」は、徳川宗家から松平忠直におくられた刀剣としてその名を知られているようです。刃長80センチとされる「童子切安綱」は、現在、東京国立博物館蔵とされる国宝級の太刀であります。

徳川家康のお気に入りであったとされる松平忠直は、その名前からも秀忠の気持ちの入れようが分かるとされております。さらには秀忠の三女勝姫を正室としており、その際に「童子切安綱」が忠直の手に渡ったと言われているようです。

徳川家康を祖父にもつ忠直は、大阪の夏の陣では活躍をみせるが、その後、九州に配流され没落することとなるようです。秀直の没落とともに「童子切安綱」などの名物のいくつかも影をひそめてしまったようです。

井上真改または真改国貞

井上真改 (またの名を真改国貞)は、江戸初期、摂津国の刀工で初代国貞の次男。「大坂正宗」と称され大阪新刀を代表する刀工である。寛永七年、日向国の生まれ、本名は井上八郎兵衛良次という。

九歳で京都にいた父・初代国貞に入門、十代後半には突出した技量を示し、二十歳で初代の代作を務め、慶安五年、初代国貞の死去に伴い二十四歳で二代国貞を襲名した。日向国飫肥藩伊東家よりの百五十石を父より相続し、承応元年、和泉守を受領した。

寛文元年、刀剣を朝廷に献上し十六葉菊花紋を茎に入れることを許された。寛文十二年、陽明学者熊沢蕃山より「真改」の称を与えられ、従来の銘「井上和泉守国貞」に加え、「井上真改」と刻銘するようなった。

作風は、直刃で地沸が厚くつく、焼入れは高温で匂い口冴え、刃中もよく沸えて華美である。代表作は、重要文化財「刀 銘 井上真改/菊紋 延宝二二年八月日」個人所蔵。重要文化財「太刀 銘 井上真改」吉備津神社所有。

相州伝の来歴

源頼朝を棟梁に東国武士団が結集して成立させた鎌倉幕府。その本拠地であった相模国鎌倉を中心に成立した刀工集団の伝法を「相州伝」という。

発祥は、5代執権得宗家北条時頼の時代、山城国より粟田口國綱、備前国より一文字分派の國宗、同じく備前国より福岡一文字助真が招聘された。彼等三人によって「相州伝」の歴史は胎動し始めたといわれている。

粟田口國綱の子の新藤五国光は、父國綱、一文字分派の國宗の双方より「山城伝」、「備前伝」を伝授された。新藤五国光の門弟には、行光、越中則重、郷義弘、岡崎五郎入道正宗等の名工が輩出している。

中でも、鎌倉末期に登場した岡崎五郎入道正宗は、「相州伝」を大成させた不世出の名刀工とその名が知られている。