鎌倉時代中期以降、美濃地方に発生した名工や刀工集団による鍛法を美濃伝というそうです。美濃伝の歴史というのは、鎌倉時代中期、良質の焼刃土を求めて九州あら来住したと伝わっている元重に始まるそうです。南北朝時代の初期に大和国から多芸郡志津郷に来た志津三郎、南北朝中期に北陸から美濃に入った金重や為継などが続いたそうです。

また、優れた切れ味で鳴らした兼さだや関の孫六兼元といった名前に兼の字を冠する刀工を多数排出したそうです。美濃国というのは交通の要衝であったそうです。足利将軍家を支えた土岐氏の領国だったそうです。そのため刀剣に対する需要も多かったそうです。優れた刀工と流派が興ったと考えられているそうです。特色としては板目に杢・流れ柾を交えて練れた地鉄に、互の目に丁字・尖刃を交えた匂出来の刃文を特色とするそうです。

帽子は乱込んで丸く返って、地蔵尊を横から見たときの形に似て地蔵帽子と呼ばれるそうです。戦国時代には、毛利家の重臣桂氏が濃集兼長に刀を注文していたそうです。切れ味と操作せに優れていたそうです。そのため美濃刀は武将の間でよく知られてものだったそうです。

江戸時代になると、美濃鍛冶の中には美濃を離れて、京、大阪や加賀国金沢、越前国福井、尾張国名古屋などといった諸大名の城下町に移住する人たちが多かったそうです。彼らはそこで新境地を開いていったそうです。日本刀は時代や土地によって特色が出るということで、五箇伝を知るのは刀剣の鑑賞にはとても重要なものだそうです。大和伝の手掻派や當麻派などの門前や荘園内で発生した一派の隆盛というのは、大寺院とその在地領主の武士の動向が大いに関係しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です